トップページ

オンライン熱計算の注意点

  1. 平面壁は3層を上限として熱計算します。2層以下の条件では1層目から順に入力して下さい。
  2. 入力する熱伝導率の値は使用される耐熱材料・断熱材の境界温度や表面温度を推定し、内部平均温度を温度条件として各種資料などから決めて下さい。(数値単位は下記を参照下さい)
  3. 外気側の境膜伝熱係数は「11.0W/uk」を規定値としています。断熱材施工で表面温度が40〜80℃(無風状態)の条件でしたらデフォルトのままでも大きな誤差は発生しません。推定表面温度と熱計算結果の表面温度がこの範囲を超えている場合は、任意定数選択での推定表面温度の値を変更して下さい。(外気側表面温度が40℃未満の場合は対応していません)
  4. 計算結果は境界面温度、表面温度、放散熱量として表示されます。

平面壁・大口径パイプ
高熱側 1層 2層 3層 外気側
内部温度

熱伝導率 熱伝導率 熱伝導率
断熱材厚さ 断熱材厚さ 断熱材厚さ
外気温度
任意定数選択
推定表面温度(℃)
入力数値単位
  1. 熱伝導率; ( W/mk )   ※参考(1Kcal/m・h・℃ = 1.163W/mk)
  2. 断熱材厚さ; ( m )
  3. 温度; ( ℃ )

小口径パイプ
外気温度
熱伝導率
管外径 断熱材外径
管表面温度
任意定数選択
推定表面温度(℃)
入力数値単位
  1. 熱伝導率; ( W/mk )   ※参考(1Kcal/m・h・℃ = 1.163W/mk)
  2. 管外径、断熱材外径; ( m )
  3. 温度; ( ℃ )

Copyright © 2014 Takumi Sangyou Inc. All Rights Reserved.